2018年1月16日火曜日

MTMの時計ってよぉ〜

MTM..........

厳密にはスペシャルオプス  ブラックホーク
このアメリカンな時計
一見ワイルドな時計なのだが、実はとてもナイーブ
はっきり言ってしょぼい。見かけだおし?

この時計の一番の売りは、LEDが点灯すること。

ジャックバウアーが着けたと言うところ。

久々に着けようと思い、その前に点灯確認。
案の定、点灯しない。
(案の定って・・毎度のことですので)
よって、充電台に載せて充電する。

ところが、充電台に載せても、全く反応無し。
本来は、充電中のLED点滅表示をするのだけど、全く無反応。
二日間乗せてもダメ。ただ、時計が熱くなっただけ。

で、諦めて、2日間放置
時計は動いているのだけれどね~

LEDが点灯しないMTMなんて、残念時/計にすぎない。
振ったり、叩いたり、回したり(笑)
無反応が続いていたので、
こりゃLOFTに修理出すかな、なんて思いつつ
その前に試しに再度、充電台に乗せたら、なんと充電中の反応になった!

え?
あれだけ、いろいろ試したのにな。

この時計
使おうと思うときに限って調子悪くなる。
これじゃ、ジャックに怒られるぜ。クソ~ッ!!

この時計のリュウズはねじ込み式だ。日付もついていないので非常にシンプル。
そこは評価できる。
が、LED点灯ボタンが14時位置にあるのだが、これはネジロック機構は無い。
多分、このボタンが悪さしているんじゃないかと疑っている。

僕のもっているのはMTMは初期型(マイナー後の売り切りモデル)
その後、一旦廃盤になり、次期モデルから大型化とLEDボタンのネジロック方式への
変更とバージョンアップされている。
多分、問題があったんだろうな。

この時計はジャックバウアー気分を盛り上げるときには必須なわけでして、
正直、時計としては、大したこと無いんだけど。
気分でOKとしているので、充電出来ないとかテンションダダ下がるのです。

さらに、今回NATOバンドも新調して、意気揚々のところで、まさかの
充電しない問題が発生したのでね。

ま、正常に動作するようになればOKとしますかね。
24mmのNATOバンドはクロノワールドで購入
意味のない回転ベゼルはローレット加工がバリバリなので、
長袖のお洋服の袖口はボロボロになります。
小さなお子さんのおデコなどが当たった際には
痛々しい傷を負う可能性があります。


この時計は、LEDとジャックバウアーに尽きるわけで、
僕が望む
「目盛りまで届く分針や秒針」はなく、LEDとトレードされているわけです。
しかし、なんというか、テキトーな感じを突き詰めた先にある無骨さとでもいうのかな。
機能とか精密さを突き詰めたのではなく、テキトーさを突き詰めた感じね。
ある意味、道具としてみると、成立しているわけで、
まぁ、そういう具合に自分の気持ちを整理する、そんな時計ですな。


0 件のコメント:

コメントを投稿